今日からはじめるダイエット


by s0bwvapr

看護師の働くところといえば病院という印象がだれ

看護師の働くところといえば病院という印象がだれもが思うことでしょう。
しかし、ナースの資格を有効にさせる職場は、病院の外にも色々とあります。
保健所で保健師とのチームワークで地域住民の健康上のいろいろな対応をするのも看護師の領域です。
また、福祉施設には医師を確保しているところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。
看護師は、医療機関にとっては欠くことのできない大切な人的資源です。
にもかかわらず、そんな看護師の待遇は良いとはとてもいえないのです。
夜に仕事をする機会がありますし、反対に、休みが多くないといった厳しい労働環境で、給料だって、それほど多くはないのです。
看護婦の仕事を辞める割合が高いのも、当然ですね。
転職エージェントや人材紹介会社では、履歴書の書き方、面接のやり方など、転職の際のアドバイスをもらえます。
初めての転職となる場合、分からないことばかりだと思うので、非常に役立つことだと思われます。
面接日時や条件交渉など、元来、自身で行わなければならないことを何もかも代わりにしてくれるので、面倒なことをせずにすみます。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのはほぼ不可能です。
興味がある人は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。
転職サイトでは産業看護師の募集も多数紹介されています。
病院によって看護師の勤務時間が長いことがあります。
そういった病院は人件費を浮かせるために看護師を極端に減らして、シフトをまわしていることが多いのだそうです。
看護師が常に疲れていて、医療ミスに繋がるというデータがありますし、就活の時には確認をしましょう。
普通、看護師にとって、仕事が難しくない病棟としては、採血室が例として挙げられます。
透析や採血、献血といった特殊な業務だけを行う科といえます。
献血センターなども、この科に該当します。
基本的には、同じ作業の繰り返しで採血が上手になりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。
どんな科でも採血を必要とする場合が多いので、その後、どの科に替わっても役に立つ技術です。
会社が必要とする人材だと判断してもらうことができた場合は、35歳を超えていても転職できると理解してください。
確かに、年配の方が採用されにくいですが、即戦力を求めているような企業では、経験や知識がある30代の労働力を迎え入れる環境が整ってます。
そのため、35歳を超えていたとしても、再び職に就くことを諦める必要はありません。
看護師になるための資格である国家試験は、1年に1回行われます。
看護師が足りないことが問題となっている私たちの国にとってうれしいことにここ数年、看護師資格の合格率は90%前後ととても高い水準を保っています。
看護師の国家試験は、大学入試のような合格させないための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできればパスが可能な試験です。
転職したい時は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば役に立つことも少なくないと思われます。
このMOS、実はマイクロソフト社の公認のPCスキルが一定レベルにあることを証明するとても有益な資格です。
このMOSという資格を得ることで、ほとんどの企業で必要不可欠となっているマイクロソフト社のワードやエクセルなどを使用するのに必要な知識とか技術が証明されるのです。
いつも看護師はスマイルを欠かさないことが大切なのです。
病院に来ている方は心細い気持ちで苦しんでいるケースがよくあります。
看護師が笑顔でいたら不安でいっぱいの心を軽くできます。
常にニッコリ笑顔で患者に接してあげてください。
[PR]
by s0bwvapr | 2015-02-25 14:39